資生堂パーラー チーズケーキ | ヴァロンのお取り寄せ&ご当地グルメ
ヴァロンのお取り寄せ&ご当地グルメ



日本の老舗洋食屋で、スイーツでもとても有名 な、資生堂パーラーの有名なチーズケーキを食べてみました。



外箱もツルツルして厚みがあり、安っぽくなくてきちんとした印象です。
手土産によく使われるのも納得です。



開けると、小ぶりのチーズケーキが並んでいます。





一個づつ紙のパッケージに包まれ、3個セットで真空パックになっています。
割と日持ちもするようです。

「チーズの濃厚な風味が楽しめる」という事で評判が高いのですが、原材料を見ますと、確かにチーズが一番始めに書かれています。



手の平にちょこんと乗る、小ぶりサイズなので、二口くらいで食べられそうです。
土台はタルト生地になっています。

個別包装になっている紙のパッケージを開けますと、チーズケーキがなぜか裏返しに入っています。



しかも、タルト生地が紙のパッケージにくっついていて、きれいには取れませんでした。

食べてみますと、思ったよりもチーズの濃厚さが感じる訳でもなく、チーズも本格的な味を想像していましたが、実際には風味や食感もプロセスチーズっぽく感じてしまいました。



土台も、サクサクしたタルト生地かと思ったら、そうでもなく、バターの風味が感じられるでもなく。。。
残念ながら期待ハズレという印象でした。

なんとか美味しく食べられないものかと思い、電子レンジで温めたり、トースターで焼いたり、フライパンで焼いて食べてもみました。
その中では、フライパンで両面を焼くのが一番よかったのですが、少しは良くなったというレベルなので、劇的に変化はしなかったですね。

評判の高さと見た目が良かっただけに、自分でもちょっとショックです。
今後、食べる機会があるのかどうかは、かなり微妙です。


関連記事




2012.04.15 Sunday | 東京 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する









トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://localgourmet.varontaste.com/trackback/77
この記事へのトラックバック