山梨 | ヴァロンのお取り寄せ&ご当地グルメ
ヴァロンのお取り寄せ&ご当地グルメ

2011-08-12 2011-08-12 002 010

山梨のお土産でとっても有名な、桔梗屋の信玄餅を食べてみました。

高速道路のSAなどにも必ずありますが、あの巾着型のパッケージがかわいらしいく、今では工場見学をするとアウトレットのお店でかなりお安く購入できるようです。

2011-08-12 2011-08-12 002 001

透明なビニールに包まれている姿が、なんともかわいらしいですね。
砂糖・水あめ・黒蜜・餅粉・きな粉だけを使用して余計なものは一切入っていませんので、素材の味そのものがいただけて、しかも安心です。

2011-08-12 2011-08-12 002 003

2011-08-12 2011-08-12 002 004

黒蜜の入ったパッケージには、お店の名前が書かれています。

2011-08-12 2011-08-12 002 008

たっぷりきな粉にまぶされたお餅が3個入っていて、くにょ〜と柔らかいです。
まるで赤ちゃんのほっぺたみたいです。

2011-08-12 2011-08-12 002 007

2011-08-12 2011-08-12 002 012

パッケージが小さくて、きな粉が飛び散るので食べにくいのですが、桔梗屋の信玄餅は、銘菓というだけあって、世代を超えておいしくいただけますね。




2011.08.16 Tuesday | 山梨 | comments(0) | trackbacks(0)

2011-06-19 2011-06-19 002 006

週末のランチは、麺類を食べることが多い気がします。
今回は、お土産で頂いた富士吉田うどんで、夏のシンプルかけうどんを作りました。

2011-06-19 2011-06-19 002 001

2011-06-19 2011-06-19 002 002

かつお節と昆布、しいたけのエキスも入ったダシに、お醤油とお味噌のおつゆらしいです。

2011-06-19 2011-06-19 002 003

2011-06-19 2011-06-19 002 005

おうどんは、細くなく、特別太い訳でもない、一般的な感じです。
麺のコシがしっかりしている方が好みなので、やや早めにお湯から揚げました。

今回の夏のシンプルかけうどんは、以下をトッピングしました。

・茗荷の千切り
・揚げ玉
・人参の若い葉

そして食べる直前には、お気に入りの八幡屋磯五朗の柚子七味をたっぷり振ります。

2011-06-19 2011-06-19 002 006

2011-06-19 2011-06-19 002 008

色合いが、やや濃いめのダシっぽいのですが、食べてみますと、ごくごく普通の塩気です。

麺は、早めにお湯から揚げたので、硬めなのですが、これをコシというのかどうかは微妙です。ちょっと粉っぽくも感じます。
麺の断面が四角なので、喉越しを楽しむ感じではなく、しっかりと噛んで食べる感じです。トッピングの茗荷が、少しシャリッとした食感で、独特の風味もあり、色合いもきれいです。

それにしても・・・「この味、なにかの味に似ている・・・。どこかで食べた味にそっくり」と思って考えたところ、冬に食べる鍋焼きうどんにそっくりでした。
何故か考えたところ、揚げ玉が海老入りだったからみたいです。

ちなみに、本当の富士吉田うどんは、茹でたキャベツやきんぴらごぼうなどをトッピングするようです。

富士吉田うどんで、もう一品違うメニューを作りました。薬味たっぷり、夏の梅たたきぶっかけです。

2011-07-03 2011-07-03 002 001

ぶっかけなので、おつゆをやや濃いめに水で割って、食器も一緒に冷やしておきました。

トッピングは、以下の通りです。

・大葉の千切り
・しょうが(すりおろし)
・わかめ
・わけぎ(小口切り)
・梅干し(種を取って叩いておく)

夏っぽく、さらっと食べられるようなトッピングにしてみました。

2011-07-03 2011-07-03 002 003

早めに麺をお湯から出して、氷水で締めたので、かなり硬くなってしまいました・・・。「早め」の加減がなかなか難しいところです。

おダシは、少なめのお水で割ったのですが、濃すぎることはなく、梅干しの塩味と酸味が全体の味をぐっと引き締めてくれます。
大葉もたっぷりトッピングしたので、結構爽やかになりました。
正に薬味たっぷり、夏の梅たたきぶっかけです。




2011.07.10 Sunday | 山梨 | comments(0) | trackbacks(0)